オタクアラサー男子の婚活体験記

アラサーのオタク男子でも興味を持ってくれる人がいた

それでも、もうお見合いのセッティングがなされて日付が決まってしまったことから、逃げも隠れもできない状況に自分を追い込むことになりました。
お見合い当日は結婚相談所の方が指定した喫茶店で待ち合わせをしました。
どんな人が来るのか不安でしたが、美人でもなく、それでいながら容姿が悪いとも癒えないごく平凡な女性が表れました。
彼女は公務員をしているとのことで、自分と同じオタク趣味を持っていることを話してくれました。
お互いがオタクだとわかると、やはり包み隠さずに話すことが出来るので、気分的に楽でした。
話の中心はオタク活動にかんする話でしたが、彼女も自分と同じような育成環境で育ってきたこともあり、お互いに理解し合うことができたのです。
周囲から見たらきっと変なことを話していると思われそうですが、初対面でありながらも意外と話が盛り上がりました。
まさかこんな冴えないアラサーのオタク男子でも興味を持ってくれる女性がいるとは思わぬ収穫だったのです。

自宅に住み二次元の女の子に恋してオタク趣味を満喫 / 見かねた母親が結婚相談所に申し込み婚活開始 / アラサーのオタク男子でも興味を持ってくれる人がいた